髙橋一生

現在の職種

司法書士資格者

資格合格年月日

令和2年度

趣味

西洋絵画鑑賞 ダイエット

この資格を目指したきっかけ

前職で、大量の印鑑証明書を司法書士事務所に届ける仕事をしたとき、「この印鑑証明書は何に使うんだろう?」と思って調べたことで、初めて不動産登記の仕事を知りました。目立たないけれど地権者の権利を守る重要な仕事だとわかり、自分もこういう仕事がしたいと感じたので資格取得を目指しました。

これまでの略歴

再開発事業の事業コンサルタントとして働いていました。都心のまちづくりに携わることができたのでやりがいはありましたが、一方で、元々再開発地区にお住まいの方に立ち退きを迫らなければいけない場面もあり、それが気の毒に感じることもありました。

どのように就職活動をされたのですか?

なるべく早く実務を経験したかったので、筆記試験の合格発表後、口述試験の受験を待たずに就職活動を開始しました。同期合格者やお世話になった講師の先生方のアドバイスをもとに人材紹介会社に登録し、販売・仕入・個人間売買など不動産登記を幅広く扱っている事務所を中心に探しました。

入所したきっかけはなんですか?

面接後の事務所見学で、目白オフィスの皆さんがとても落ち着いて仕事をしているのを見て、自分もここで働きたいと感じたからです。事務所見学の際にお話してくださった先輩司法書士さんが、あえて正社員とは異なる働き方をしていることを知り、従業員一人一人の働き方についても考えてくれる、理解のある事務所なのかなと感じたことも決め手の一つです。

入所する前の事務所のイメージってどんなイメージでしたか?

法律を扱う仕事をする事務所ということで、常に皆が難しそうな顔をして働いているというイメージでした(笑)

実際に入ってみて、どのような印象をもちましたか?

未経験の私に対しても手厚くサポートしていただけたので、一人で悩むことなくスムーズに業務が進められました。士業事務所には珍しく(?)、未経験の新人を育てる環境がかなり整っていると思いました。

これまでに経験した業務内容と現在の業務内容を教えてください!

入所してすぐは、事務所内でお客様に返却する書類をまとめたり、銀行や法務局で書類を預かる仕事がメインでした。現在は、決済業務や本人確認面談を行いつつ、クライアントからいただいた案件を担当しています。

仕事で面白かったときややりがいを感じるときはどんなときですか?

決済に行った際、融資実行後の着金待ちの時間にお客様や不動産屋さんとお話するのが楽しみです。上手く話に入れないこともあるのですが、不動産屋さんは話し上手な方が多いですし、お客様にも色々な方がいらっしゃるので、多種多様なお話が聞けます。以前に某テレビ局にお勤めだったというお客様のお話はとても面白かったです!

困難にぶつかったときや大変だったときはどんなときでしたか?

期限がある仕事が多いので、ギリギリの日程の中で何とか登記申請を間に合わせるように動かなければいけないときが大変です。まわりの人たちにフォローしてもらいながら、何とか間に合わせることができるよう日々頑張っています。

事務所の自慢できるところを教えてください!

やる気次第でどんどん事務所内の仕事を任せてもらえるところです。所員の人たちは皆優しく、わからないことはきちんと教えてくれるので、やったことがない仕事でも「やらせてください」と自ら手を挙げることができます。

所長はどのような方ですか?

支店長は実務経験豊富なベテランで、仕事に関しては厳しいですが、普段はとても気さくな方です。よく仕事で行き詰まった際に相談するのですが、いつも快く応じてくださいます。また、事務所全体が忙しい時でも、お菓子の差入れ等を用意してくださるのでとても助かっています。

これから一緒に働く方へのメッセージ

四つ葉事務所は司法書士事務所の中では規模も大きく、様々な登記に触れることができます。新人を教育する環境も整っているので安心して応募してください!

ある一日のスケジュール

9:00~ 朝礼 メール確認
10:00~12 : 00 決済(外回り)
13:00~14 : 00 事務所に戻って、登記申請
14:00~15 : 00 お昼休憩
15:00~17 : 00 クライアントや施主様からの電話対応、案件管理
17:00~ 翌日の決済等の準備
18:00 退社

求人応募エントリーはこちら

エントリー
Copyright 2022 四つ葉グループ(四つ葉登記総合事務所) 採用サイト