司法書士

当事務所に入所していただいた後は、新人育成プログラムに沿って、まずは司法書士として基本的な業務である司法書士業務(不動産登記の決済の打ち合わせから書類作成、立会い)をマスターして頂きます。

当事務所では案件ごとの担当制としていますので、お客様とのやり取りを含めて1つの案件を最初から最後まで責任を持って行っていただきます。

案件の1パートを処理するだけのような仕事の仕方ではなく、目の前のお客様との関係性作りから業務の進行、タスク管理まで全て自分でマネジメントすることができます。

また、新人であっても一定のスキルが身に付けば、複雑な登記案件もお任せします。
もちろん随時フォローします。

このように、お客様とのやり取りや複雑な登記案件など、様々な経験を積んでいただけますので、当事務所での3ヶ月は通常の1年分以上の経験に相当すると自負しています。

事務所の事業・業務範囲は下記のとおりです。
様々な業務を取り組んでいる実績がありますので、司法書士として一人前に成長し、あるいはプロフェッショナルとしてあらゆる業務経験を得ることができる環境が整っています。

≪事業・業務範囲≫

ⅰ.土地・建物の登記(不動産登記)

所有権保存登記、所有権移転登記
(根)抵当権設定登記、(根)抵当権抹消登記
登記名義人表示変更登記、住宅ローンの借り換え、投資用物件の売買、新中間省略登記

ⅱ.会社の登記(商業登記)

会社設立登記、役員変更登記、商号変更・目的変更登記、本店移転登記、増資の登記、
解散・清算結了の登記

ⅲ.企業法務

  設立、契約書の文言チェック、株式分割、増資・減資、一般社団法人の設立、合併、清算処理

ⅳ.相続

税理士との協業イベント開催、農協や行政書士からの登記依頼、遺産分割協議書作成、戸籍収集、
相関図作成、動産の名義変更、相続放棄、限定承認、遺言・贈与、自社株の事業承継対策

ⅴ.裁判業務

不動産処分の申立、競売手続き

ⅵ.成年後見

法定後見(申立)、任意後見(相談)

相続に関しては、今後より一層力を入れていく予定です。
例えば、税理士や行政書士等の他士業と連携を取って相続業務を担当する事ができます。
また案件の種類も単なる相続登記だけでなく、相続に関するセミナー開催、遺言や遺産整理、財産管理業務なども幅広く対応していく部門設置を検討しています。

また、上記の業務を進めるだけでなく、新たな新規案件を開拓するためのセミナーや勉強会の講師、不動産会社様の新入社員研修講師だけでなく、行政から依頼される個別相談員など多くのレベルの高い仕事も、希望に応じて挑戦していただくこともできます。

なお、司法書士業務に留まらず、『経営』という視点でセミナー・勉強会企画などのマーケティングや人材採用・育成などのマネジメントなどにも希望があれば積極的に関わっていただき、司法書士業務に留まらずに様々なスキルを磨いて経験を積んでいただくことも可能です。

様々な業務を経験できる当事務所で、あなたの理想のキャリアを実現していただけますと幸いです。

 


PAGE TPO