T. T.

現在の職種

スタッフ

趣味

読書・旅行・猫

これまでの略歴

前職は、広告代理店で編集・進行・企画、その他営業事務全般を担当していました。大手全国チェーンのコンビニエンスストアのプライベートブランドの販促や、採用周りを主に扱っていました。版元との交渉が必至で、渉外業務を経験。「ヒト・モノ・カネ」の流れを追い続ける毎日、コミュニケーション能力を鍛えたなあと思います。イロイロあって、異業種のこの業界に転職。

どのように就職活動をされたのですか?

東京書士会と個々事務所のホームページ。

入所したきっかけはなんですか?

小さくて、それでいてこれから大きくなっていく予感がしたから。
「立ち上げ」や「これから作っていく」という状態は、とても楽しいし、それを望んでいました。でも、当初のホームページのシンプルさも、決めての好印象でした。

入所する前の事務所のイメージってどんなイメージでしたか?

ホームページが「媚びた」感じがしなくて、清潔な凛としたイメージ。
上尾ってどこ?

実際に入ってみて、どのような印象をもちましたか?

引越したばかりで、まさに何もありませんでした。
上尾には思ったよりも人がいました。
高崎線に初めて乗りました。電車のドアが手動でたじろぎました。

これまでに経験した業務内容と現在の業務内容を教えてください!

入社以来、注文住宅の登記を担当しています。依頼主にとっても、施主様にとっても、引渡しに伴う大切な登記なので、建物が完成して「嬉しい」という思いを共有しながら、丁寧にご案内できるよういつも心がけて仕事をしています。

仕事で面白かったときややりがいを感じるときはどんなときですか?

依頼主が施主様に、登記の事務所、窓口担当の自分を「安心して紹介できる」と思ってもらえたと感じる時、人の役に立てているかな、良かったなと思います。特に注文住宅は、請負契約をしてから、何か月間もたくさんの打合せを続け、ようやく完成に至ります。私の担当している案件は、いつも依頼主の営業さんと施主様がとても良好な関係で、引渡しを心待ちにしていた思いが直に響いてくるので、単純に私も嬉しくなります。仕事で嬉しいと感じることができるのは、「おもしろい」と感じます。そして「おもしろい」と感じることが頻繁にある。それがとても「やりがい」を感じます。

困難にぶつかったときや大変だったときはどんなときでしたか?

成年後見の申立て案件。実際に申し立てるための手順、必要書類等は、先輩に教えていただきながら進めることができましたが、後見制度という制度自体の重要さを初めて実感し、震えるようなこわさを覚えました。結果的には、申立てせずに終わりましたが、後見の民間のセミナーにも個人的に参加したり、制度について勉強するとても良いきっかけ、経験になりました。

事務所の自慢できるところを教えてください!

閉鎖的な空気がなく、上司がサービス精神に満ちているので、役所のような受け身体制の事務所ではありません。提案型の仕事ができるので、一般企業からの転職組としては、さほどギャップを感じることなく、とても良い環境です。継続した仕事があることも、最大の魅力だと思います。

所長はどのような方ですか?

とても風通しの良い雰囲気です。何か問題があった時、必ず対応してくれるという安心感があるので、不必要に憶病になることなく仕事を進めることができます。基本的に個々に任せて一連の仕事をさせてくれるので、その分、失敗できないなと身が引き締まる思いにさせてくれます。

これから一緒に働く方へのメッセージ

完全分担ではなく、一連の業務を担当できる環境があるので、とてもやりがいがあると思います。一緒に働く人も、依頼件数も今どんどん増えていて、仕事がなくて困ることは、まずないです。エリアも広く、物理的にたくさんの様々な場所に行くこともできて、その点も個人的には、解放感を感じる嬉しい環境だと思います。ぜひ女性が増えてほしい!

ある一日のスケジュール

8:30~ TODOチェック、掃除、朝礼
9:00~ メール、FAX確認、電話対応、オンライン申請
10:00~ 電話対応、案件対応
12:00~ 外回り、休憩
13:00~ 電話対応、オンライン申請
14:00~ 電話対応、案件対応
18:00 TODOチェック、退社

求人採用のエントリーはこちら

エントリー
Copyright 2017 四つ葉登記総合事務所 採用サイト