高橋 健治

現在の職種

司法書士

資格合格年月日

平成26年 司法書士試験合格

趣味

スポーツ観戦・読書

この資格を目指したきっかけ

兄と弟が士業に就いていたのがきっかけです。やり甲斐をより感じられる仕事をしたいと思った事、スポーツばかりやっていた自分も人生で1度くらいは真面目に勉強してみたいと思った事もあり、受験を決意しました。

これまでの略歴

メーカーで主に生産管理の仕事で7年半勤務した後、退職して受験勉強に専念しました。

どのように就職活動をされたのですか?

3月初旬までは新人研修に専念し、研修後にいくつかの事務所に応募しました。エージェントを介してご紹介を受けるのと並行させて、書士会のホームページでも就職先を探しました。

入所したきっかけはなんですか?

書士会のホームページで求人を見つけ、学生時代に馴染みのあった場所に近かった事もあって応募させて頂きました。事務所が最も忙しい時期に時間を掛けて面接して頂き、規模や立地などのバランスも考え、お世話になる事に決めました。

入所する前の事務所のイメージってどんなイメージでしたか?

とても責任の重い仕事で、自分に務まるのか不安でした。

実際に入ってみて、どのような印象をもちましたか?

とても責任の重い仕事なので、日々緊張感があります。確実に業務をこなすだけでなく、お客様を不安にさせる事がないよう、挨拶や立ち振る舞いなどには日頃から気を配る必要があると感じました。

これまでに経験した業務内容と現在の業務内容を教えてください!

最初は申請書作成や外回りを経験させて頂いた後、現在では担当を持たせて頂き、受託から決済当日を迎えるまでの一連の手配を任せて頂いております。最近では初めて相続案件も担当させて頂き、入所してまだ10ヶ月ですがもっといろんな業務に関われたらと思います。

仕事で面白かったときややりがいを感じるときはどんなときですか?

人の為に役立つ仕事をしていると実感出来る事、お客様から「ありがとうございました」と笑顔でおっしゃって頂ける事は、前職に就いていた時にはほとんどなかった事です。

困難にぶつかったときや大変だったときはどんなときでしたか?

当然の事ながら、最初は分からない事や出来ない事ばかりです。たとえ失敗しても、同じ失敗をしなければ良いという前向きな気持ちが最初は大事だなと感じます。

事務所の自慢できるところを教えてください!

自分の持っていた司法書士事務所のイメージとは違い、とてもきれいな事務所です。従業員の皆様はとても礼儀正しく、来所したお客様に安心感を与えられる空間だと思います。実務未経験で入所した自分の分からない事にも親切に答えて頂き、時に優しく、時に厳しく、丁寧にご指導頂いてます。

所長はどのような方ですか?

面接して頂いた時にとても印象に残っている事。それは2時間近くもお話しした事と、その場で内定を頂いた事です。お客様の声に親身になって耳を傾ける姿勢、いざという時(?)の決断力は、自分も見倣いたいです。

これから一緒に働く方へのメッセージ

自分は決して若くはない年齢での未経験の業界への転職だったので、とても不安でした。若い時の経験を活かしつつ、ゼロから始める謙虚な気持ちで臨めれば、再スタートに年齢は関係ないと思います。

ある一日のスケジュール

8:30~ 掃除・朝礼
9:00~ 業者・銀行との打合せ
10:00~ 決済立会い・外回り
13:00~ 登記申請
14:00~ 休憩
15:00~ 書類手配
16:00~ 業者・銀行への連絡
17:00~ 登記費用算出
18:00~ 翌日準備

求人採用のエントリーはこちら

エントリー
Copyright 2017 四つ葉登記総合事務所 採用サイト