神本 兼亦

現在の職種

スタッフ

趣味

散歩・おつまみ作り(作りながら飲んでますが。。)

これまでの略歴

大学卒業時から司法書士事務所で勤めたいと考えておりましたが、一度は営業成績や数字が必要となる業界を社会人として経験したいと思い、ブロードバンドの販売業者にて3年ほど勤務していました。お客様に不安を与えない応対や、ヒヤリングの大切さ、提案の大切さを学べたことが良い経験となりました。

どのように就職活動をされたのですか?

2度目の受験の際に点数が伸びていなかったため、「これは実際に業務にあたり、常に登記のことを考える環境にいないといけないな。」と思い司法書士事務所を主に紹介している人材紹介会社に登録しました。そちらで面接をうけた際に、四つ葉事務所が合っているのではないかと提案を受けました。

入所したきっかけはなんですか?

素直であること、謙虚であること、感謝の心を持つことを大切にしていると面接の際に説明を受け、私も至極その通りだと思っておりましたので、入所したい気持ちが一層強くなりました。お仕事をする上で、生活をする上で、大切にしなくてはならないことを常に意識し成長できる環境だと思います。

面接が雑談ばかりで楽しかったことも大きな要因かもしれませんね。

入所する前の事務所のイメージってどんなイメージでしたか?

黙々と書類に向かい、私語を発することなく、図書館の中のような雰囲気の中で書類を作成するようなイメージを持っていました。

実際に入ってみて、どのような印象をもちましたか?

とにかく内装がおしゃれです(笑)。所員がリラックスできる環境として配慮されており、のびのびと業務ができます。皆さん気軽に声をかけてくれますので、最初のうちは知識がなくても大丈夫でした。専門的な知識も親切丁寧に教えてくれましたので、業務をする上でも、勉強をする上でも受験生にはとてもいい環境だと思います。

これまでに経験した業務内容と現在の業務内容を教えてください!

当初は建物の表題登記、土地の地目変更登記、新築建物や滅失建物の現地調査をしていました。表題登記は現況主義と言われ、現地の状況を確りと調査することが肝要な仕事でした。

近頃はクライアントを担当させて頂いており、権利登記なりますので実体主義となりますが、表題登記と権利の登記を繋げて一体的に学べるよう担当させて頂いています。

仕事で面白かったときややりがいを感じるときはどんなときですか?

難しい案件、悩ましい案件を担当し無事に登記できた際には、お客さまから感謝の言葉をもらえるだけでなく、登記業務について一つ学ぶこともできますので、こんなに贅沢な仕事はないなと思います。

困難にぶつかったときや大変だったときはどんなときでしたか?

常に同じペースでお仕事ができる業務ではありません。お客様の御都合で短期間にいくつも業務をしなくてはならない場面もあります。しかし、お客様にとっては唯一の依頼です。そこは絶対に忘れてはならない、手を抜いてはならないことであり、大変な中でもモチベーションになります。

事務所の自慢できるところを教えてください!

レクリエーション(飲み会)が多いところです。お仕事は誠実にまじめに取り組む分、レクリエーションの企画も本気で考えてくれます。バーベキューや飲み会、社員旅行の様子をホームページでご覧いただけますが、和気藹々と楽しく過ごせるところが自慢です。

所長はどのような方ですか?

ふとした時に笑える雑談をはさんで和ませてくれる方です。説明をする際もゆっくりと丁寧に話してくださいます。

これから一緒に働く方へのメッセージ

「同僚」というより「仲間」といった方が合ってるような職場関係です。私達の仲間になっていただければ、また仕事が楽しくなります。お待ちしていますよ!

ある一日のスケジュール

8:30~ 掃除
9:00~ 急ぎ案件の確認
10:00~ 書類作成
12:00~ 休憩
13:00~ 業者連絡
14:00~ 書類作成
15:00~ 外回り
16:00~ 書類作成
17:00~ 明日の予定確認
18:00 残った業務の処理
退社

求人採用のエントリーはこちら

エントリー
Copyright 2017 四つ葉登記総合事務所 採用サイト