木村 健太

現在の職種

司法書士

資格合格年月日

平成24年 司法書士試験合格

趣味

読書

この資格を目指したきっかけ

何か専門的な知識を持って、社会に貢献できる職業はないかと考えたところ、司法書士という職業があるということを知ったため。

これまでの略歴

新卒社員として入社。大学4年時に試験に合格したため、前職はありません。

どのように就職活動をされたのですか?

一般企業に就職するか迷っており、大学の就職支援センターに通いつつ、司法書士の就職活動向けの人材紹介会社の登録もしてました。また、受験指導校主催の事務所説明会に参加もしてました。

入所したきっかけはなんですか?

受験指導校主催の事務所説明会に参加した際、四つ葉事務所がブースを出しており声をかけて頂いた。当初は、大学があったので、まだ就職するかは検討中と答えたが、卒業後に再度声をかけて頂いて面接を受けた。面接の際、実務家のみならず、一社会人としての経験を積ませて頂けるとうかがった。また、自分自身を成長させてくれると感じたので入社を決めました。

入所する前の事務所のイメージってどんなイメージでしたか?

所長の先生がいて、その下に何人か従業員がいて、独立開業のための修業をしている場所だというイメージを持ってました。

実際に入ってみて、どのような印象をもちましたか?

会社組織に近い事務所だと感じました。ただ、単純に縦割りというわけではなく、スタッフ全員で事務所をより良いものにしようという思いを感じました。新人の意見だからと言って無下にするようなことはなく、良い案はよい案として取り入れてくれる事務所と感じました。周りの先輩方にも質問しやすい環境でした。

これまでに経験した業務内容と現在の業務内容を教えてください!

不動産決済業務を主に担当してますが、相続案件や個人間の取引など、不動産登記について手広く案件を担当しております。そのほかに、申請書のチェック業務も行っております。

仕事で面白かったときややりがいを感じるときはどんなときですか?

勉強してきた知識や新たに得た知識を使って、実際に書類を作ったり、クライアントと打ち合わせを進めていくうえで、今まで蓄積した専門的知識が役に立っていると感じるときです。

困難にぶつかったときや大変だったときはどんなときでしたか?

担保提供者が高齢で、意思の確認が取れるかどうかの判断が難しいとき、立会者のみで決めず、事務所全体で判断するようにしているので、困難なケースであっても、より適切な判断が下せるものと思います。

事務所の自慢できるところを教えてください!

事務所が一つのチームとして働いており、業務を進めるうえでの疑問点やわからないことを、周りの力を使って解決することができる点。アルバイトの人でも、新人でも、良い意見や改善点があれば、積極的に取り入れようとする、風通しの良い会社環境である点。

所長はどのような方ですか?

所長は、仕事に対して常に真剣で、クライアントの満足のことを常に考えている方です。また、クライアントと同じかそれ以上スタッフのことを気にかけており、スタッフの幸せや成長を心から願っている方です。チーム四つ葉のキャプテンのような方です。

これから一緒に働く方へのメッセージ

仕事にも、息抜きにも真剣なスタッフが周りにたくさんいます。皆、自分自身を成長させたいと思って仕事に励んでますので、入社すれば、自然と力はついてくると思います。実務的な知識面も、周りの先輩に聞いたり、事務所内の研修を通じて、自然と身につきますのでご安心ください。

ある一日のスケジュール

8:30~ 掃除・朝礼
9:00~ 決済立会の事前準備の為、資料確認・決済現場に向かう
10:00~ 銀行にて、決済立会
本人確認の上書類を預かる
12:00~ 休憩
13:00~ 事務所に戻って、午前中立ち会った案件の申請をする
14:00~ 今後控えている決済立会についての書類確認
仲介業者との打ち合わせ
17:00~ 申請書のチェックなど
18:00 退社

求人採用のエントリーはこちら

エントリー
Copyright 2017 四つ葉登記総合事務所 採用サイト