小松 加奈子

現在の職種

司法書士

資格合格年月日

平成23年 司法書士合格

趣味

読書

この資格を目指したきっかけ

司法書士は、町の法律家と呼ばれており、地域密着の親しみやすく頼れる存在だときき、この資格をめざすことにしました。

これまでの略歴

接客・サービス業に従事しておりました。お客様相手の仕事という意味では、前職の経験は大いに役に立つと思いました。

どのように就職活動をされたのですか?

私は千葉で勤務の司法書士をしていたのですが、さらに幅広い活躍の場をもとめて都内で就職を探しました。東京司法書士会の求人一覧で求人票を見て、興味をひかれた事務所のホームページに一つ一つアクセスしていたところ、四つ葉さんのホームページからは事務所の雰囲気や考え方がよく伝わってきたのでこちらの事務所に応募いたしました。

入所したきっかけはなんですか?

こちらの事務所で面接をさせていただきたときに、事務所の明るく清潔な雰囲気や、人柄を重視する姿勢、未来への展望をきかせていただき、即座に入所したい旨を伝えたところ快諾して頂きましたので入所することになりました。

入所する前の事務所のイメージってどんなイメージでしたか?

場所がおしゃれでいいなと感じました。

実際に入ってみて、どのような印象をもちましたか?

事務所の全員が、事務所をよりよくするために提案することができ、また、他の人もそれを聞いてくれるという気風があります。会議や朝礼で、意識やマインドの共有をすることができ、その点が素晴らしいなと思いました。

これまでに経験した業務内容と現在の業務内容を教えてください!

不動産登記業務と裁判業務をメインでおこなってきました。今後は何の仕事でも取り組んでいきたいですが、やはり登記業務中心で行きたいです。

仕事で面白かったときややりがいを感じるときはどんなときですか?

お客様に喜んでいただいた時がうれしいです。一番の、苦労が報われる瞬間です。何の仕事であってもそれぞれにやりがいや喜びがあろうかと思いますが、依頼を受けてそれを遂行し完結させ、お客様に喜ばれるという流れがあるたびに、今の仕事をしていてよかったなと思います。また、一人で全てこなすのではなく、みんなで協力してひとつのものを作り上げるという喜びも得られます。

困難にぶつかったときや大変だったときはどんなときでしたか?

困難を困難と思わない性質なのか、あまり思い浮かびません。困難や、大変なときは、それを乗り越えたあとの爽快さを考えるようにしています。司法書士は手続きの代理を業としているので、煩雑な手続きが多いですが、だからこそやりがいがあると思います。

事務所の自慢できるところを教えてください!

やはり、明るくて清潔なところが自慢です。勤めている方々はみなさんいい方で、親切です。活気があり、向上心にあふれています。こういった環境で働けるのは幸せなことだと思います。

所長はどのような方ですか?

人の気持ちをわかってくれる方です。詳しく話した覚えもないのに、なぜかいろいろわかってくれているのでいつも不思議です。とても魅力的な方です。

これから一緒に働く方へのメッセージ

一緒にがんばりましょう!

ある一日のスケジュール

8:30~ 事務所内外の清掃
9:00~ 今日やることのチェックや申請
10:00~ 外回り、案件整理、決済
12:00~ 休憩
13:00~ 外回り、案件整理、決済
18:00 退社

求人採用のエントリーはこちら

エントリー
Copyright 2017 四つ葉登記総合事務所 採用サイト